和が育つ教会

Inward Journey

  • HOME »
  • Inward Journey

すべての人々が共通的に求めること:

幸福

 

幸福の条件

お金? 権力? 名誉?

 

3つの重要な単語

 Being

Doing

Having

 

Being とは、

私たちの「命そのもの」を指します。
在り方や、感じるもの、存在そのもののことです。

Doing とは、

行動、行為のこと。
「目標に向かって努力する」という行動や、
「仕事をさぼる」、「学校にいかない」等
行為のことを指します。

Having とは、

Doingの結果として得られるもののことです。
資産や地位、名誉、容姿、成績、肩書き、
学歴、財産、人間関係などもこれに当たります。

 

 

Having 2種類 比較

 

  自然的な Havigng

Doing の本来の目的を追求する場合

人為的なHaving

Doingの副産物が目的になる場合

姿勢 結果も重要だが過程のほうを重視 成績, 学歴, 実績など目に見える結果を重視
姿勢2 影響力の領域[1]に関心 関心の領域[2]に関心
過程 過程が楽しくうれしい 結果が見えるまで焦る
結果1 成功に高慢にならず、失敗に挫折しない 副産物に縛られてしまう
結果2 なにも犠牲しない 他の何かを犠牲にする可能性が高い
結果3 Beingが強くなる Having(学歴,財産,才能)に頼るから Beingが弱くなる

[1]影響力の円: 自分が持っている能力で何かを変化させる範囲

[2]関心の円: 自分が主に関心を持つ分野、望んではいるが自分の思い通りにできない領域

 

Being, Doing, Havingの関係

 

To be? or To Have?

 

Being(内的な能力) Doingをするのか?

自然的な Havingを得るようになる

 

Having(外的な所有)を目的として Doingをするのか?

他のことを犠牲させながら人為的なHavingを追求する

 

Being ??

 Doing Having(本来の目的)を行える力

 自分を愛せる自尊感情

  1. 他人を愛せる愛の技術
  2. 世の中を変えれる自信感と能力
  3. 学歴, 資格証,身分とは無関係

 

Being Doing

 Being に関係する質問  : 私は誰なのか?

 Doing に関係する質問 : 私は何をするのか ?

 この質問に答えられるのはただ聖書だけ

 

結論

  1. 目に見える Havingを追求することは愚かだ

 

  1. HavingBeingが強くなる錯覚から目覚めよう

 

  1. 目に見える Havingの魅力を聖書では誘惑という

 

参考

  • 成功する 7つの習慣と Being & Doing

 主導者になりなさい

-Being を強くしなさい

  1. 正しい目標を設定しなさい

本来の Doingの目的で人生の目的を設定すべき

この方面で有名になった本 “Purpose Driven”

  1. 大事なことから先にしなさい

-Doingの点検

 

TEL 06-4395-5309

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 大阪エペソキリスト教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.