和が育つ教会

Inward Journey3

 

二つの生き方の比較(復習)

 

存在の力で行動し多くのものを残すようになる。

(Being   Doing   Having)

– 存在が強くなり、意味のある所有が残ることで、人生が豊かになる。

– わたしの存在で行動するから主導的な人生を生きるようになる。

 

所有するために行動し、かち取った所有で存在を価値あるものにしようとする。

(Being    Doing    Having)

– 所有するために行動するようになり、所有に頼ってしまい存在はかえって弱くなる。

– 所有に人生の目的を置くため、人との関係(存在)も手段にすぎないものになり、関係が悪くなって、あげくは破壊される。

– 目標に合わせて行動し、適応的になる。(代表的な例: 処世術)

 

サタン()の誘惑の後にアダムに起こった現象

1.善悪の知識の実(所有)を持たなければ、自分(存在)は無価値に思われる。

  1. 自分がすでにプレゼントのように受けて味わっていたものよりも、持っていないものがもっと大事に思われる。
  2. うめて(存在の充満)ない状態で地(所有)を勝ち取ろうと努力するようになる。
  3. さらにもう一つを所有しようとする欲に縛られて生活するようになり、その結果によって落胆したり、高慢になったりする。(劣等感や優越感におぼれて生きるようになる。)
  4. BEINGではなく、HAVINGによって人の価値を評価するようになる。
  5. 神様と対等な関係で、独立的な者になる。

 

サタン()の誘惑の後にアダムに起きた現象(復習)

1.善悪の木の実(所有)を持たなければ、自分(存在)が無価値に思われる。

  1. 自分がすでにプレゼントのようにもらって味わっていたものより、持っていないものがもっと大事に思われる。

3.うめて(存在の充満)ない状態で地(所有)を勝ち取ろうと努力するようになる。

4.さらにもう一つを所有しようとする欲に縛られて生活するようになり、その結果によって落胆したり、高慢になったりする。(劣等感や優       越感におぼれて生きるようになる。)

  1. BEINGではなく、HAVINGによって人の価値を評価するようになる。

6.神様と対等な関係で、独立的な者になる。

 

 

TEL 06-4395-5309

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 大阪エペソキリスト教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.