観察)

  • ヨハネの福音書4章10節を書いてみましょう。

______________________________________________________________________________________________________________________________________

私たちが何を知っていて、どのように行動すると話されましたか?

結局、私たちが主に出て祈らない理由は何ですか?

 

  • 主に出て祈れば、主は私たちに何をくださいますか?ヨハネ4:13-14を書いてください。

______________________________________________________________________________________________________________________________________

___________________________________________________________________

  • 私たちが主にする究極的な質問は何ですか?(ヨハネ4:12)
  • 私たちが永遠に渇かない水を飲むために、どうすれば良いでしょうか?(ヨハネ4:16)

その夫は何を意味しますか?(エレミヤ 2:13)

解釈)     

  • 私たちが主に出て祈らない理由は、‘神様の賜物’と‘イエスがキリスト’であることが分からないからです。
  • 私たちは主に出てもいつも同じ質問をしながら生きます。私にすでに与えられていて、誰かから受けている恵み、その恵みよりさらに大きい恵みをくださることができるか頻繁に確認したがります。
  • 私たちが永遠に渇かない水を飲むためには、今飲んでいる井戸水を手放すべきです。私が求めていることが、私の魂の渇きを解決できないことを認めるべきです。

結論)

私たちが主を探したのではありません。主が私たちを訪ねてこられました。しかし、私たちはまだまだ今あたえられていることをあじわいながら生きることを願っています。これから主に夫をよんでいく私たちになることを願います。