この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる。ヨハネ 2:18-25

7月 3 | 2017

観察)

  • “この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる”というイエス様の話はどんな質問に対する答えですか? その質問を書いてみてください。

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

  • 23節はイエスが過越祭の間にエルサレムにおられ、そのなさったしるしを見て、多くの人がイエスの名を信じたと書いてあります。イエス様が神殿に入られてから十字架にかけられるまで行ったしるしは何もありません。(共観福音参照)結局、このしるしは何を意味しますか?

解釈)

  • イエス様はサンヘドリン公会に引き渡され、ピラトの法廷に渡される時、主は‘この神殿を壊してみよ’という主の言葉のゆえに罪人として裁かれるようになりました。(マタイ26:61)
    私たちが主を十字架につけた理由は、私の許可も取らず私の神殿をきよめようとされるからです。そういう時に私たちが要求することはしるしです。信仰はしるしを求めるべきです。わたしたちをきよめようとされるその方がキリストであることを分からせる驚くべき・真のしるしは‘十字架と復活’です。
  • ペトロⅠ2章23節、24節を書いてみてください。

 

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

適用)

  • 主が壊そうとした神殿は何ですか?(コリントⅠ3:16)

私の心の神殿にいっぱいになったものは何ですか?
結局,私の神殿をきよめるために主がご自身の体を壊したのです。

キリストだけが私たちの神殿をきよめることができます。そのようになされる十分な資格と十分な能力の持ち主です。

  • わたしの神殿をきよめる主の熱意が主の十字架の出来事をもたらし、その十字架により私たちの罪が赦されました。