この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる。マルコ 8:27-38

7月 3 | 2017

観察)

  • イエス様は弟子たちにご自分が多くの苦しみを受け、死なれ、三日目によみがえるられるという‛十字架と復活’をあらかじめ仰いました。全部で何度話されましたか?

探してみましょう。(マルコ8:31, マルコ9:31, マルコ10:33,34) 話された後の弟子たちの反応をみてみましょう。

 

  • 今日の本文は初めに話された内容です。どんな出来事の後に話されましたか?(マルコ8:27-31)
  • ペテロはその言葉にどう行動しましたか?(マルコ8:32,参照 マタイ16:22)
  • イエス様がペテロになんと話し、弟子たちにはなんと話しましたか?
    (マルコ8:33,マルコ8:34-38)

解釈)

  • ペテロがイエス様にキリストであることを告白したとき、主はキリストの道を弟子たちに教えました。まさに‘十字架と復活’です。しかし、3度の教えの以降に現れた弟子たちの反応は同じく、十字架のない復活だけを考える姿でした。苦しみのない栄光だけを求める姿です。
  • 主は十字架の道の前で‘誰でもわたしについてきたいと思うものは’と話されました。弟子になることは進めの言葉と強い説得によってできるかもしれないが、十字架の道は徹底的に自分が決めてから歩むべき道であることを意味します。

適用)

  • 私が捨てるべき私の意志、感情はどんなものがありますか?
    ____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________
    __________________________________________________________________________________________________
  • それがどうして私に十字架になりますか?告白してみましょう。
    __________________________________________________________________________________________________
    ____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________