黙想)

 

Q1. 他の誰かを見ながら、自分自身を‘愚かだ’と思ったことがありますか?いつですか?

Q2. 自分自身が‘本当に愚かだ’と思ったことがありますか?いつですか?

Q3. 私たちはどんな時に‘愚かだ’という表現を使いますか?

Q4. 逆に、 ‘知恵ある’と思ったことがありますか?いつですか?

Q5. ‘知恵ある’と ’愚かだ’を分ける基準は何ですか?

 

ルカ 15:8-10を読んでみてください。

 

私たちの目線で聖書を読むとき、一番愚かな人物は‘イエス・キリスト’です。
その方は能力の多い方ですが、十字架を背負ったからです。次は十字架に背負われた主を侮辱する話です。

‘神殿を打ちこわして三日で建てる人よ。もし、神の子なら、自分を救ってみろ。十字架から降りて来い。’

‘他人は救ったが、自分は救えない。キリスト、イスラエルの王さま。今、十字架から降りてもらおうか。われわれは、それを見たら信じるから。’

‘彼は神により頼んでいる。もし神のお気に入りなら、いま救っていただくがいい。『わたしは神の子だ』と言っているのだから。’

ガイド)

コリントⅠ 1 18節から 24節までを読んでみてください。 22-24節を書いてみてください。

_______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________マタイ13章の7つのたとえの中で、5番目のたとえは、‘畑に隠された宝のたとえ’です。この‘宝’はイエス・キリストを象徴します。この宝を見つけた人はこっそり自分の持ち物を売りさばいて畑を買います。この行動を見る回りの視線はどうですか?回りでは畑を買ったと思うけど、実は宝を買ったことです。

結論)

コロサイ 2章 2節と3節を黙想してみてください。